FXのしくみ:カテゴリの記事一覧です。

2010年02月27日

FX講座@

 FXの仕組み

FXは為替の取引ですから、為替の差額で利益を出します。みなさん経済ニュースなどで「円高」「円安」という言葉をよく耳にすると思います。これはわが国日本の通貨”円”の価値が他国の通貨に対して「高いか」「安いか」という意味です。この円の価値の上下から差額で利益を出すのが為替取引の基本です。

では、1ドル=80円 と 1ドル=140円 だとどちらが「円高」でまたどちらが「円安」かお分かりになりますか?ドルに対しての円の価値ですから、1ドル=80円が「円高」で、1ドル=140円が「円安」です。「1ドルでたった80円にしかならない。円って高いなぁ・・・。」ということですね。 つまり、円/ドルの通貨ペアで取引をした場合、円の価値が高いとき(円高)にドルに両替し(買い)円の価値が下がった時(円安)にドルを円に両替する(売り)ことによりその差額を利益とします。

例えば、1ドル=100円の時に、100万円で1万ドル買うとします。その後、1ドル=120円の時に、1万ドルを円に戻せば・・・そう120万円になりますよね。2回の両替を行っただけで20万円の利益が出たわけです。

それに加えてFXでは通貨間の金利差によって利益を生むこともできます。現在は市場のブレ幅が大きいのでこの手法をメインで利益を出すことはほとんどしませんが、日本は先進国の中でも政策金利がとても低いので、外貨を買うと少なからず金利差による利益が生まれます。この金利差益のことをスワップポイントと言います。反対に売りからエントリーした場合はスワップはマイナスからとなります。

 おわかりでしょうか?わーい(嬉しい顔)









タグ:為替
posted at 17:04 | 山口 ☁
Comment(0)
カテゴリー:FXのしくみ
エントリー:FX講座@
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。